人事制度・教育制度

市場価値の高い世間一流の企業人を目指して

最も重要な経営資源は「人」です。個を尊重し、経営環境の変化にスピーディー且つシステマティックに適応できる会社を目指しています。その実現には個のメンバーが豊かな社会性と自立性を備えた世間一流の企業人として、自らを変革し社会の変化に対応し続けることが大切です。
社員のもつ個性と能力を尊重し、意欲と活力を信頼し、達成した成果を正当に評価し、適正に処遇します。

人材育成システム

社員一人ひとりの育成を目指す仕組みです。


人材育成システム 体系図

目標管理制度(MBO)

所属部門の年度の方針にそった各自の年度目標を毎年設定し、半年後毎に達成度評価を実施し年2回の賞与支給、翌春の昇給、昇格評価へ繋げます。目標設定、達成度評価は、中間月のアライメントを含め上司とのOne on One面談が実施され、充分に納得した上で業務に取り組む環境が整備されています。

能力開発

人材育成と処遇(昇格・昇給)要件のベースとなる「能力開発ガイドライン」を設定し、各資格に期待される姿と具体的な能力要件(コンピテンシー)を明示し、個の成長の道標としています。毎年自己アセスメントを経て上長評価を行い、強化すべき能力、取得すべきコンピテンシーを両者で確認し1年を通じて取組み毎年着実な能力向上をはかっています。

階層別教育

若年層、中堅層、管理職層のレベル別に要求される能力開発教育として、外部研修や通信教育、オリンパス(株)内に設置の研修機関「オリンパスカレッジ」各講座による教育が整備されています。世間一流の企業人としての基礎要件獲得が可能です。

機能別教育

各機能に要求される知識・能力を習得するため、外部研修を、個人の能力に合わせレベル分研修をタイムリーに実施しています。物流マネジメント分野、人事分野、企画分野等、各職種で世間一流の市場価値獲得が可能です。

基礎教育、e-Learning

公正取引、コンプライアンス全般、安全貿易輸出、ISO、改善手法、個人情報保護法、情報セキュリティに関する教育等、全社員対象にして、今日的な企業人として必要な各種教育をe-Learningを活用し実施しております。

自己啓発制度

自主性に重点を置いた自己啓発のバックアップとして、公的資格取得褒賞金制度があります。
英語力向上のためTOEIC受験もサポートしています。