環境・社会貢献活動

環境

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得状況

オリンパスグループでは、従来国内外の主要な生産拠点および物流・販売子会社において拠点単位でのISO14001認証取得を進めてまいりました。当社では2003年に初回の認証を取得以来、毎年認証維持を継続してまいりました。また当社は2015年度版移行に際しては、2016年12月にグループで最初の認証取得を致しました。2018年より、グループの環境ガバナンス強化および環境管理の効率化を目的に、日本及びアジアの主要な12法人において、グループ共通の環境マネジメントシステムの運用を開始し、2020年9月にISO14001認証をマルチサイト方式で取得しました。

複数の工場や事業所を一つのまとまった組織として認証を受ける方式

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得状況 新規タブで開きます

基本理念

当社は「環境調和型ロジスティクスの実現」を目指して、オリンパスグループ環境方針に基づき、事業活動の提供を通じて地球環境保全を推進します。また、経営トップのもと、組織的にまた一人ひとりが熱意を持って継続的に取り組みます。

環境方針

オリンパスグループは、経営理念に掲げている「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」をすべての活動の基本思想としています。当社はこの基本思想のもと、人々の安全・健康とそれを支える自然のいとなみを尊重し、製品・サービス、あらゆる事業活動において環境との調和と、経済を両立した取り組みを通じて、持続的発展が可能な社会と健全な環境の実現に貢献します。

1. 全員参加
従業員一人ひとりが環境活動に対する理解を深め、地域特性を考慮した環境活動に全員参加で取り組みます
2. 環境経営の推進
グローバルでの体制と仕組みを維持し、環境活動を継続的に改善します
3. 法規制・社会規範の遵守
環境に関する法令、ステークホルダーとの合意事項や自主基準を確実に遵守します
4. 環境負荷の低減
汚染の予防、持続的な資源の利用、気候変動の緩和と適応、生物多様性の保護といった環境課題の解決に向けて、製品・サービス、事業活動を通じて環境負荷を削減します
5. 環境と調和した技術の開発
環境保全に資する技術を開発し、その成果をものづくりのプロセスや製品・サービスに活かしていきます。
6. 環境コミュニケーションの重視
環境活動の社内外への情報発信を積極的に進め、ステークホルダーとの相互理解に努めます。

社会貢献活動

オリンパスグループは、企業市民活動方針に基づき、「医療・健康」「文化・芸術」「科学・技術」「地球環境」の重点領域を中心として、社会貢献活動を行っています。

献血活動

社員の提案により献血活動を実施しました。今後も献血を身近な社会貢献活動として取り組めるよう、継続して活動していきます。

寄付活動

読み終わった本や使用済み切手の回収を行い、寄付する活動に取り組んでいます。

地域貢献活動

地域の清掃活動を行っています。

オリンパスグループにおける贈収賄防止に関する指針

詳細は下記リンクをご覧ください。
オリンパスグループにおける贈収賄防止に関する指針 新規タブで開きます