物流技術

グローバル化の進展、物流環境の変化、医療製品を中心とした法規制強化等、当社を取り巻くビジネス環境は年々変化しています。
私たちはオリンパス製品をお客様のお手元に安全、確実にお届けするため、高度化・多様化する物流ニーズに総合的な技術で応え、オリンパスグループを物流側面で支えています。

業務プロセス設計

他社では3PL(サードパーティーロジスティクス)業者へ物流機能を全委託するモデルも見られますが、当社ではパートナー企業様と協同し日々の業務を推進し、当社主導で各業務プロセスを設計し、業務全体を統制しています。またマテリアルハンドリング(現場機器・設備)設計も全て自社で実施し、刻々と変化する物流ニーズの業務適用、評価、是正のPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを着実に回し、物流品質の高次元での維持に努めています。

物流システム構築

独自のWMS(Warehouse Management System = 倉庫管理システム)の開発・導入を行っています。当社事業所に限らず、オリンパス各工場での倉庫内物流や一部の海外物流拠点も網羅し、物流技術ノウハウの結晶ともいうべき基盤となっています。蓄積されたプロジェクト推進ノウハウの強みを生かし、業務のあるべき姿を常に追求しています。

グループ内物流拠点支援

グローバルビジネスを展開するオリンパスグループ唯一の物流機能会社として、国内外の物流拠点への技術継承・ノウハウ支援を行っています。拠点立ち上げ、業務プロセス設計コンサルティング、管理手法・改善手法の継承、管理ツール開発・導入等、グローバル物流ガバナンスを担っています。

現場力

膨大な情報の中から現場で起こる問題事象を的確に把握し、本来の清流とのギャップを埋める問題解決に取り組んでいます。机上の理論・推察による課題解決に留まらず、現場主義に基づく事実の客観的分析による真因特定に重きをおいた「現場力」に価値を見出し、物流品質向上とコスト低減を目指しています。